札幌市・札幌市近郊で相続手続にお悩みなら、札幌市中央区の司法書士平成事務所『札幌相続相談所』にお気軽にお問い合わせください。

札幌で相続手続のご相談ならお任せください!

札幌で相続手続は『札幌相続相談所』へ

運営:司法書士平成事務所・行政書士平成事務所
札幌市中央区北2条西10丁目1−24 植物園グランドハイツ西棟4階
初回相談無料平日夜間や土日相談も受付中(予約制)

受付時間 
9時〜19時
休  業  日
定休日:祝日
土日相談も可
※相談はすべて予約制です。

まずはお気軽にお問合せください!

初回相談無料平日夜間土日相談も受付中(予約制)。

011-213-0330

相続預金の調査について

札幌相続相談所には、数多くの相続手続のご相談・ご依頼がございます。そのなかでも相続預金の承継手続に関するご依頼は実に多いものです。相続預金の調査や相続預金の払い出し手続でお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。

相続手続のなかでも重要なのが「相続預金の手続」です。当事務所でも、相続預金を調査し、被相続人名義の預金があればそれを解約してご相続人にお渡しする、という業務を行っています。

 さて、その相続預金ですが、次のようなご相談をいただくことが多々あります。

  • 相続預金があるらしいけれど、どこの銀行に口座があるのか分からない

このような場合は、相続預金の調査をしなければなりません。ここで、相続預金の調査をどのように行えばよいか、札幌の相続専門家が解説します。

前提:被相続人の銀行口座を一括して調べる方法はない

まず始めにお伝えしなければいけないのは、被相続人の銀行口座を一括して調べる方法はない、ということです。上場株式であれば「証券保管振替機構」に情報の開示請求を出せば、被相続人の口座のある証券会社名が一括で分かりますが、相続預金は、どこかに開示請求を出せば一括して被相続人名義の口座が分かるわけではないのです。

したがって、被相続人の銀行口座を調査したい場合は、銀行や信用金庫など、一つ一つあたっていくしかない、ということになります。

目星をつける

一つ一つの金融機関で調査するといっても、銀行などの金融機関は無数にありますので、当てずっぽうに調査をしても、相続預金を補足することはできません。手順を踏んで、口座が存在する確率の高い金融機関での調査を優先するべきだといえます。

まずは地場の大手金融機関とゆうちょ銀行で調査

札幌で数多くの相続手続を代行している札幌相続相談所では、預金の調査を行う際に「地場の大手金融機関とゆうちょ銀行での調査」を優先して行うようにしています。

地場の大手金融機関といえばそれぞれの地域で異なりますが、札幌相続相談所ではどうしても札幌・札幌近郊でのご相談者が多いことから、次の金融機関での調査を最優先して行っています。

  • 北洋銀行
  • 北海道銀行
  • ゆうちょ銀行

札幌の人であれば、ほとんどの人が北洋銀行又は北海道銀行に口座を開設しているものです。札幌の方が亡くなったケースでは、北洋銀行・北海道銀行で調査を行うことで、口座を発見できるのが通常だといえます。

札幌以外でも、被相続人が長らく生活していた地に根をはっている大手金融機関をまずはあたってみてください。多くの場合で、相続預金を発見できることでしょう。

また、年代問わず、多くの方がゆうちょ銀行にも口座を開設しているものです。相続人が「被相続人はゆうちょ銀行に口座はないであろう」と思っても、ゆうちょ銀行での相続預金の調査も行うべきだといえます。

道外での生活歴が長い被相続人ならメガバンクも

札幌などの道内都市を離れ、長らく北海道外で生活していた人であれば、メガバンク(みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行)などでも口座を開設している傾向にあります。

また、一般的にメガバンクといえば上記の3メガバンクを思い浮かべるでしょうが、意外とりそな銀行に口座を開設している方も大勢います。

したがって、被相続人が道外での生活が長い場合は、3メガバンク+りそな銀行での調査も行うとよいでしょう。

意外と侮れないのが信用金庫

預金するといえば、ほとんどの方は「銀行」に口座を開設して行うことを思い浮かべるでしょう。しかしながら札幌のような地方都市では信用金庫に口座を保有している方も多くいらっしゃいます。

特に札幌の方であれば、「北海道信用金庫」は調査対象として相続預金の調査を行うべきです。北海道信用金庫は札幌市中央区南2条西3丁目に本店を構える信用金庫で、旧札幌信用金庫を中心として再編された大手信用金庫です。その規模の大きさは、「小さい銀行より大きい」というほどのものであり、多くの方が北海道信用金庫を利用しています。

札幌以外の方も、地元に大きな信用金庫があれば、それも調査の対象とするとよいでしょう。

自宅近くの金融機関を調査

被相続人が長らく住んでいた場所からほど近い金融機関でも、相続預金の調査をするとよいでしょう。

たとえば札幌市豊平区平岸に長年生活していた人が亡くなったします。このような場合は、その住所から半径2~3㎞以内にある金融機関で調査を行うのです。

方法としては、グーグルマップを活用すると便利です。グーグルマップで住所を入力し、その近辺にある「銀行」や「信用金庫」などをピックアップするのです。信用組合などの一般には馴染みのない金融機関でも、自宅の近くであれば利用しているということもあるのです。

遺品整理でのヒントを見逃さない

遺品整理をしている際に、上記以外の金融機関のティッシュやクリアファイルなどが出てきたら、その金融機関でも調査を行うとよいでしょう。身近なものから、相続預金の発見につながることがあるためです。

相続預金がどこの金融機関にあるか分からないという方は、上記の方法を参考にして相続預金を探してみてください。きっと相続預金を発見できるはずです。

ご依頼受付中】お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

011-213-0330

受付時間:9時〜19時

お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。まずは気軽にご連絡ください。初回相談無料平日夜間や土日相談も受付中(予約制)。

※お電話・メールでのご予約の後、当事務所にお越しください。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

011-213-0330

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
※お電話・メールでのご相談には対応しておりません。

ご連絡先はこちら

司法書士平成事務所
011-213-0330
住所・アクセス
札幌市中央区北二条西10丁目1−24 植物園グランドハイツ西棟4階

西11丁目駅徒歩5分
札幌駅徒歩15分